上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先月末、急に暑さが厳しくなってから
特に前夜に予定がない日は早寝して
朝2時過ぎに起きるようにしている。
日中、とにかく暑くて外に出ることすら億劫になってしまうからだ。
今朝も2時半に起き、日の出前に田んぼに行ってきた。
夜明け前のすがすがしい空気が何とも気持ちがいい。
どうせ田んぼにいくならこういう空気の中がいい。


話しは変わるが、今月開催のよしこさんのお料理教室のテーマが
「オージャスごはん」
である。

「オージャス」とは
アーユルヴェーダのキーワード。
活力素の意味。体内の消化や代謝が順調になることで生成する。
精気とも呼べる生体エネルギー。
オージャスを増やすことは、心身の健康を増進させるのに必須なもので、
食事や生活の仕方によって左右される。
「アーユルヴェーダ入門」上場場和夫・西川眞知子(著)より

だそうだ。
この本で、「プラフマ・ムフールタ」という言葉に出会った。

「プラフマ・ムフールタ」とは
日の出前の96分間をいい、宇宙の叡智がみなぎり、心も体も軽快な時間帯です。
「アーユルヴェーダ入門」上場場和夫・西川眞知子(著)より



この本によると起床時刻はこのプラフマ・ムフールタの時間帯に。とのこと。
なるほど、夜明け前の時間が気持ちいいのはこういうだったのか。


それにしても、あれほど朝が苦手だった私にこんな日が来るとは。。。
スポンサーサイト
2011.07.07 / Top↑
 6/5(日)田植え体験のイベントに参加してきました。

 そこに参加福島から避難しているおばあさんとお孫さん。
福島から毎週のようにその娘に会いにきている母親と
おじいさんとおばさんの一家と一緒に田植えをし、温泉に入りました。
 避難当初に受け入れた方たちが大変信頼されていて、
その人たちが誘ったイベントだったこと。
田んぼや温泉という精神的にリラックスできる環境だったことなども手伝って、
初対面でしたが、率直にいろいろな悩みなどをいろいろと話してくれました。
 一見、明るく元気な一家ではありましたが、
「こうやって普通に息ができることが幸せ」という言葉に胸がつまりそうでした。
窓を開けることもできないし、マスクもはずせない。
 その一方、もうすでに過去のこと。全く気にしない人の両極端だそうです。

 田植え体験にも参加していたおじいさんはずっと農家で
自分の田んぼも4反あるそうです。でも土地が汚染されてしまった。
それでも、手入れをしなければ先祖代々の大切な土地がすぐ荒れてしまう。
今でもずっと手入れや作付けをしているそうです。

私はこのご家族に何ができるのだろう。
さらにこの方たちを通じて福島の方にできることがあると思います。
できることは少しでもやっていきたいと思っています。
2011.06.09 / Top↑
都留に移住して丸2年になりました。
2年前の今日、東京から都留に引越ししました。

今日はあの震災から1ヶ月。
震災前とは生きている世界が全く変わってしまって
そのことばかりに意識が向いていて
すっかり都留2周年ということを忘れていました。


2年前、畑も田んぼもやったことがない私が
突然、都留に移住すると宣言し
まわりをかなり心配させました。

引越しの手配がすべて整ったはずが、
契約直前に借りる約束の家がドタキャンとなり
「東京を引き払う手配は整ったのに住むところがない!」
と、あわてて都留にとんで探し回り何とかアパートを決め、
引越しに間に合わせました。

車が引越し当日に届いたのはいいが
ずっとペーパードライバーだったので全く操作がわからず
徹夜明けの引越しがやっと終わって疲れ切った当日深夜に
友人から運転の特訓を受けて、何とか運転できるようになりました。

畑を友人から譲り受け、
「ひろみんの好きに植えていいよ」
と言われたのはありがたいけど、あまりの広さに呆然として
結局、友人にゼロから教えてもらいながら野菜作りをはじめました。

生まれて初めて田んぼに入って
ブヨに40箇所も刺されて、ゾウのような足になり
かゆさと熱で眠れない夜をすごしました。

広い畑の管理がどんなに大変かよくわからず
秋に一反の麦畑をはじめてしまいました。

知らないと言うのは怖いもの知らずです。
2年目はさらに4反の田んぼを始めてしまいました。

秋に
「収穫したら、アパートにお米を置く所がない!」
と、またまたあわてて物件をさがしまくりました。
結局引越しは間に合わず、
最初は新居にお米だけが住んでいる状態になりました。

その間にもトランジション都留を立ち上げ
都留環境フォーラムというNPO法人も設立しました。

思い返せば、全て全てはじめてづくしで、大冒険の毎日でした。
そして仲間のおかげで乗り越えられた2年間でした。
仲間の支えのありがたみを知ったのもはじめてでした。

そして、これはいくつになってもできる!
要はやるかやらないかだけなんです!


今日の都留は桜が満開です。
家のすぐ横も城山もどこも美しい桜が咲き誇っています。
何となく桜がこの2年間の私を見守ってくれていたように思え
久しぶりにふっと心が軽くなりました。

P41100101.jpg
<我が家(右)と桜>

P41100201.jpg
<近所の勝山城跡の桜>

今年もいよいよ田んぼと畑のシーズンになりました。
今年のチャレンジは
第1に綿花です。
綿花の種をまいて、収穫し、種取、糸つむぎ、機織り、染めを
やります。

第2にもち米です。
もちが大好きな私は今年は4反のうち1反をもち米にします。

第3にえごまです。
地元のずっと代々受け継いできたというえごまを昨年わけていただきました。
今年は始めてのえごまづくりにも挑戦です。


そして、自分のこの活動、
さらにはコーチングやNLPなど自分のリソースと
被災地への救援、また新たな日本の再建と絡めながら
粛々とすすめていきたいと思っています。

今まで本当にありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

2011.04.11 / Top↑
昨日から季節はずれの雪が降り続き、今朝は一面銀世界!

今日は、トランジション都留の「まんなかカフェ~2010春~」を
開催する予定でしたが
雪が深いため泣く泣く中止としました。

参照:まんなかカフェ開催中止

私自身も野草の力で体をリフレッシュしようと
とてもはりきっていたのに・・がっかり。
すくすく伸びていた野草たちも、雪の中で震えていることでしょう。


私の畑も春まき野菜の種をまき始めていたのですが
今年は寒い日が多く、発芽が遅れていていました。
先日、やっとブロッコリの芽が発芽したのを発見!と喜んでいたのですが
この雪でせっかく出た新芽がきっと凍ってしまっていることでしょう(涙)

0417yuki2.jpg
■雪で真っ白になった畑


今日は一転していい天気だし気温も少し上がりそうなので
いつもなら、たまっている事務仕事は置き去りにして
さっさと畑に行くところですが雪がまだまだ溶けていません。
ここはいい加減、事務仕事を片付けなさい!ということですね。

夏タイヤにはきかえてしまった車を運転する気にもならないので
外出もままならないことですし・・今日は一気に書類関係を片付けるぞ!!


そして、明日は予定通り種籾の種蒔ができるように
今日中に雪が溶けてしまいますように!
2010.04.17 / Top↑
今日、春の野菜たちを蒔き始めていると
松本にいる友人から
「お茶しない?」のメールが。

なんと・・、松本から車を走らせて駆けつけてくれました!

これまでも何度もメールを送ってくれていたのですが
タイミングがあわず、今日初めて都留に遊びに来てくれました。

その友人は、スカイプでよく話をする仲間のひとりなのですが
直接会って、しかも私の畑や田んぼや生活ぶりを直に
見てもらうことができて、なんだかとても嬉しかった。
声だけでなく、顔を合わせて話ができるのはやはりいいものです。

友人は、きっと慣れない土地で慣れない事を始めてしまった私を
気にかけてくれていたのでしょう。
でも、「ひろみの農家婦人ぶりを見れてよかった。」と、
安心してもらえたようです。

こんな風に仲間や家族や、多くの人に支えられているありがたさを
改めて感じ、心がじんわり暖かくなりました。

田畑仕事ますますがんばれそうです!
2010.03.20 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。