上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4/23パルシステム山梨主催の「市民活動助成金活動報告と交流のつどい」
に参加してきました。
私たちのトランジション都留のまんなかカフェもありがたいことに
2010年度の助成金を交付していただきましたので
その一年間の活動報告をさせていただきました。

他の団体の活動報告も聞かせていただきましたが
みなさんの熱い想いを伺うことができ
大いに力をいただきました。

やはりみなさんの活動にも今回の震災が多かれ少なかれ影響があり
今回の震災の影響の大きさを改めて感じることとなりました。

それぞれの団体の努力はもちろん大切ですが
これらの団体がうまくネットワークを作って動いていくことが
より社会のために貢献できる可能性が高いと思います。

市民レベルでよりよい社会のために何ができるか
どのようにネットワークを作っていくか
そのために私自身に何ができるか、
新たな視点をいただく貴重な機会となりました。

P1010022.jpg
■「市民活動助成金活動報告と交流のつどい」の様子


【関連記事】
パルシステム山梨
スポンサーサイト
2011.04.25 / Top↑
トランジション都留では、2/20に羊毛糸つむぎ体験会を
開催しました。

当日、午前中はかとうさんちのイベント
「皮から作る肉まんづくり」
でした。

糸つむぎにしても、肉まんづくりにしても
難しいと思っていたことが、意外と手軽にできて、驚きの連続です。
そして、なにより手を動かすこと・・
私は決して器用ではありませんが、結構好きなことがわかってきました。
すっかりさびついてしまっていた感覚が少しずつ戻ってきたりもしています。

そういえば・・
中学生くらいまでは、レース編みや毛糸の編み物も結構好きだったっけ。
ただの糸がきれいな模様になったり、形になったり。
それを自分の指から作り出していくのが面白かったな。

いつの頃からか、こういう時間は「無駄な時間」だとどこかで思っていました。
そんな「ひまじゃない」と。


料理も同じ。料理なんて作っている時間ない。
買ってくればいい。食べに行けばいい。
そんな生活を送っていました。

だから、今さら?!とみんなにはよく驚かれるくらい
料理は全くの初心者です。
未知の世界。
でも、自分の感覚を大切にした生活を送ろう、食生活も見直そうと
都留に引っ越してまわりを見たら、
全くの偶然ですが幸運にも料理の達人ばかり。
みなさん、マクロビなどに非常に詳しい人たちばかりです。

そうそう、この日も、肉まんつくりを教えてくださった先生の誕生日に
「豆腐クリームのケーキ」を友人が作ってくれました。
#彼女のケーキは最高においしくてしかもからだにも優しくて大好きです!

恥ずかしながら
豆腐でクリームを作ったり、マヨネーズを作れるなんて
全く知らなかった私。
初めて聞いたときはただただ驚きでした。
でも、そんな周りの方たちのおかげで
料理ってすごく創造性が広がっていく感覚を覚え始めています。

自分の五感をどんどん磨いていく・・
そんな毎日を過ごして生きたいと思っています。

トランジション都留ブログにもイベントの様子がのってます。
詳しくはこちら
2010.02.23 / Top↑
2/6,7に「かとうさんちの援農日」を行いました。
私はトランジション都留のメンバとして参加です。
今回は「保存食作り」で味噌作りとミズカケ菜の漬物作りでした。

私はお味噌作りが今回で2回目となります。
この地域の人は(この地域だけでははないと思いますが)
味噌は家で作るのが当たり前だそうで
初めて聞いたときはとても驚きましたが
やってみると思ったよりも簡単でこれまた驚きでした。

今年は私の分として20Kg!
もちろん我が家だけでは消費しきれませんが
今年は実家にも持って行きたいし、人にもあげたし。
なんて考えていたらこんなに沢山になってしまいました。

それにしても大豆、麹、塩。
これだけで味噌を作るなんて考え出した先人の知恵に敬服です。
作っていてもこれが味噌に本当になるの??という感じの
わかくて初々しい味噌が半年、一年、二年と熟成が進み
そのタイミングごとに味わいが変わっていきます。
これは手作りならではの楽しみではないでしょうか。

現代はいかに効率よく早いことがよしとされています。
私も東京に住んでいるときは、
3度の食事すらも作る時間と手間を考えたら
買ったほうがいい、食べに行ったほうが早い。
そんな生活を送っていました。
これまた、ちょっと極端ですが。。
もちろん、早くて便利になったことはたくさんあります。

でも、お味噌は半年以上ねかせる。
種をまいたら時期がこなくては芽が出ない。
こんな毎日に身をおいていて
本当に早いことがいいことなのか。
そうでない価値観も大事にしたいと思うようになりました。


人間も同様です。
つい他の人と比べてしまうけれど
その人にとって必要な時間というものがあるのではないか。

私ももっと早くから自然の中に身をおいたり
野菜を作ったり、お米を作ったりできていたらよかったのにと
思うことがあります。
でも、私のこれまでの人生があったからこそ
今、私にとって本当に大切なものと向き合って
生きていく選択ができるようになったのだと思っています。


ちなみにふたが閉められないほど樽いっぱいだった
ミズカケ菜はあっという間に体積が1/5くらいになりました。

100211mizukakena.jpg

ところで、ミズカケ菜って食べたことありますか?
私は不勉強で今回初めて知りました。
もちろん、いただくのも初めてで
炒めたり、お漬物でいただいていますが
歯ごたえがよくて、すごく美味しいのです!!

みなさんも、ぜひ食べてみてくださいね。

援農日の様子は、トランジション都留のブログにもあります。
こちらもご覧ください。


かとうさんちの援農日は毎月第一土日にやっています。
詳しくはこちらをご覧ください。
2010.02.11 / Top↑
NPO法人(申請中)都留環境フォーラムに続いて
トランジション都留でもメルマガを発信しようということになりました。

トランジションタウンの活動について
より深く考え、行動するきっかけのひとつになればと考えています。

めるまがの申し込み方法など詳しいことについては
トランジション都留 こちら を参照してください。

ご登録お待ちしております。
2010.02.04 / Top↑
昨日、2/1はTTT(トランジション都留)メンバーで
トランジション・ジャパン ニュース打合せを行いました。

トランジション・ジャパン ニュースというのは
日本のトランジションタウン活動中心となっている
トランジション・ジャパンが、各トランジションタウンの活動などを
とりまとめて配信しているメルマガです。

トランジション・メール・ニュースの詳細はこちら

トランジション・ジャパンのサイトはこちら


光栄にも都留の特集をというお話をいただいたので
私たちの活動についてみんなでディスカッションしようということになりました。
やはり直接顔を合わせて議論しあったほうが話がぐんぐんと進みます。
これがわかっているので必要なときはすぐに集まろうとみんなが協力しあいます。
TTTの特徴はなんと言ってもこのフットワークのよさでしょう。

5月に設立して約8ヶ月近く立ちましたが
11月にNPO法人都留環境フォーラム(申請中)も設立したことで
都留市や都留市内の他団体との動きが始まり
今年はさらに面白い展開になりそうです。

持続可能なまちづくりに向けて
行政にできること、トランジションタウンの活動としてできること
また他団体がそれぞれの立ち居地からできること
それぞれが協力し合い実現に向けてすすんでいきたいと考えています。

トランジション都留ブログはこちら
2010.02.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。