上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すっかりブログが止まってしまっていました。

最後の記録が5/23
今日は7/21です。

約2ヶ月間。何をしていたか・・?

まさに農繁期でした。
今年はトランジション都留メンバの田んぼや畑が一気に広がりました。
昨年は全員で田んぼ3反。畑1.5反。

今年はトランジション都留メンバ全員で11反。
うち私の田んぼが4反。

畑が全員で約5反。私と仲間共有の麦畑が1反。私個人の野菜畑が0.5反。

5月はひたすら開墾、田んぼ作り、畑作りにまい進していましたが
いよいよ、田植えが始まって
さらにハードなスケジュールとなりました。

4月に種まきした苗が大きくなり、
いよいよ5月下旬から順番に仲間たちの田んぼの田植えが始まりました。

私の田んぼも6/5に仲間が田植え機で田植えをしてくれました。
その後、約3週間。
時間が少しでも空くと田んぼに行ってひたすら補植を続けました。

そして6月末からは麦刈が始まりました。
麦畑は仲間も含めて約3反。そのうち2反はすぐに田んぼにしました。
麦の収穫を待っての田植えだったので、かなりぎりぎりの状態です。

梅雨に入ってからの麦刈りは思うように作業に入れません。
まさに空とにらめっこ状態。
雨が降ったら一日は乾かさないと収穫できません。
ところが今年の梅雨は一日中雨というよりも
一日のどこかで大雨が降るというパターンが多く
前日に濡れてしまった麦が乾くのを待って
そろそろ収穫!というタイミングでまた大雨で濡れてしまったり。

麦の収穫ができない間は田んぼを起こし田植え作業。
晴れたら麦の収穫。
都留にくるまでデスクワークしか経験ない私。
この頃にはすでに疲労がピークに達していて
一日体力がもたず、仲間ががんばっている中、早退させていただく日もありました。
そして7月上旬にひととおり何とか田植えまで終了しました。

その間・・・
全く手がまわらなかった野菜畑。
田植えが終わり今度はひたすら草刈。
ほとんど、放置状態になってしまっていた畑は、
まわりの畑は草一本はやしていないきれいな状態の中
私の畑だけはまるで耕作放棄地状態でした。

草を少しずつ刈っていくと、ちゃんとなすやトマト、夕顔たちが実をつけていてくれました。
あれほど心配したさつまいもも、雑草にまけないほどたくましく根付いてくれていました。
野菜たちがごほうびを準備して待っていてくれたように感じました。

0707_yugao.jpg
■夕顔です。ちょっとピンボケですが・・(7/7撮影)

この2ヶ月、人生初の全身泥と汗まみれの毎日を送りました!!
毎日、帰ってくるともうPCに向かう気力も体力も残っていません。
正直、いきなり4反の田んぼは無謀だったな~。
最後の田植えまで私の体力は持つのだろうか。と、思った日もありましたが
仲間たち、大勢の人たちのご協力や励まし、
そして自然たちのたくましさのおかげで何とか乗り越えることができました。

この場をお借りして、みなさま本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
2010.07.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。