上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私の田んぼも穂が付き始めました。
中抜きはいつ頃やればいいんだろう?と迷って
田んぼを貸してくださっているおじいさんに伺ったところ
お盆頃と教えていただいたので
8/13~17まで水を抜き
17日の夜からまた田んぼに水を入れ始めました。

私の田んぼに大量に発生してしまった白い花をつける雑草。
調べて見ると「オモダカ」という強害草だとか。
確かに雑草とは思えないたくましさです。
調べてみると観賞用にも使われるそうです。

今朝は仲間が草取りの応援に来てくれ、
この「オモダカ」を全身泥まみれになりながら
徹底的に取ってくれました。
前夜から水を入れていたとはいえ
だいぶ土が固く抜きにくい状態でした。
その上、この酷暑の中の作業・・本当に感謝です!!


ところで、私の田んぼの隣は元段々畑で今は耕作放棄地です。
私の田んぼよりかなり低いところにあります。
高低差は1階と3階くらいはあるでしょうか。

夕方、再び草刈を兼ねて水を入れに田んぼに行くと
ブヒブヒ鳴きながらいのししがその元段々畑を走っているのです。
あれっ!と思い見ると、いのししも急に止まって向きを変え
私のほうに真正面に向き直ったのです。

しばらくの間、いのししと見つめあい状態になってしまいました。
こういう時は目をそらしちゃいけないんだっけ?などと
何とも間が抜けた考えを巡らしながら。
ま、民家も近いからあえて来ないだろう。
と、視線をはずして歩き出すと
いのししも段々畑の下の川のほうへブヒブヒ鳴きながら走っていきました。
そして、その後を・・・
2頭のチビいのししが追っかけていくではありませんか!

どうやら、私をにらんでたのではなく子供たちを見てたようです。
たまたま、子供たちの延長上に私が居ただけの話。。

でも、猪の走りっぷりを見て・・
重そうな体のわりに結構早く、
高低差はあまり問題ではなさそうな様子だったので
こっちに向かって来なくてよかった!
田んぼで遭遇しなくてよかった!

と、改めて胸をなでおろしたのでした。

先日、トランジション都留の仲間が
縄にかかったいのししを譲り受け
解体するところを見せてもらって・・
(ちなみに、この時初めていのししの実物を見ました!
 4足の動物の解体を見るのも初めてでした!)

今日はいのしし親子に遭遇。
どうやら、最近、いのししに縁があるようです。

でも、田んぼには入って来ないでね!!
スポンサーサイト
2010.08.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。