上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 6/5(日)田植え体験のイベントに参加してきました。

 そこに参加福島から避難しているおばあさんとお孫さん。
福島から毎週のようにその娘に会いにきている母親と
おじいさんとおばさんの一家と一緒に田植えをし、温泉に入りました。
 避難当初に受け入れた方たちが大変信頼されていて、
その人たちが誘ったイベントだったこと。
田んぼや温泉という精神的にリラックスできる環境だったことなども手伝って、
初対面でしたが、率直にいろいろな悩みなどをいろいろと話してくれました。
 一見、明るく元気な一家ではありましたが、
「こうやって普通に息ができることが幸せ」という言葉に胸がつまりそうでした。
窓を開けることもできないし、マスクもはずせない。
 その一方、もうすでに過去のこと。全く気にしない人の両極端だそうです。

 田植え体験にも参加していたおじいさんはずっと農家で
自分の田んぼも4反あるそうです。でも土地が汚染されてしまった。
それでも、手入れをしなければ先祖代々の大切な土地がすぐ荒れてしまう。
今でもずっと手入れや作付けをしているそうです。

私はこのご家族に何ができるのだろう。
さらにこの方たちを通じて福島の方にできることがあると思います。
できることは少しでもやっていきたいと思っています。
スポンサーサイト
2011.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiromi0707.blog42.fc2.com/tb.php/100-af3be840

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。