上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、稲刈りの案内を17日18日としましたが
1日早く本日終了しました!
ご検討してくださった皆様ありがとうございます。

実は昨日ここでご案内を掲載した後、田んぼに行ったら
友人がすでに稲刈りをしていてくれたのです。
おかげ昨日一気に残りが半分くらいになり
田んぼ4反のうち、機械で刈っていただいた3反、手刈り1反、
本日、無事全て干すことができました。


IMG_20111017_101531.jpg
■今日の作業開始!昨日友人が手前と奥を刈ってくれたので今日はここを刈れば終了です。


IMG_20111017_135302.jpg
■祝!作業終了!




今年の稲は分けつが少なくて、
去年よりも稲をたくさん刈らないと束になりません。
ちょっと寂しいなと思いながらの稲刈りでした。
でも、まわりのおじいさんたちからは「おお!いい粒だ」と言っていただいて
それはそれでやっぱりうれしいものです。


思えば、
初めての苗作りでなかなか発芽しなくてやきもきしたり
気温が低くて苗の成長が遅く、田植えができるか心配したり
(稲の生育が遅れ田植えがずれ込んだため、
 田んぼが忙しくない時に開催する予定の綿花のワークショップが
 田植え、稲刈りの真っ最中に開催することになってしまった)
荒くりの目途がなかなかたたなかったり
苗の生育状況が不ぞろいで
直前で機械植えを断られ全部手植えにするはめになったり
大雨で畦がとんで土砂崩壊が起こったり
稲刈りや脱穀の機械がなかなか手配できなかったり・・
もう、ここに書ききれないほど様々な問題がおこりました。
しかも、もう大丈夫!と思った矢先にトラブル発生続出。。。


あまりにいろいろなことが起きすぎて
やっぱり、田んぼをやるなんて無謀なんだろうか?
せめて1枚だけでもできないだろうか?
田んぼを貸してくれているおじいちゃんががっかりするだろうな。
と思ったことも、何度もありました。


でも、今年の秋も全ての田んぼで稲穂がつき、はざかけすることができました。
その都度その都度、いろいろな人に助けていただきました。
それなのに分けつが少ないなんて・・のどもと過ぎれば・・というやつでしょうか。

今年はいろいろなことが起こった分、学びの多い今年の田んぼでした。
そしてこの風景は昨年以上感慨深いものがあります。

IMG_20111017_143557.jpg
■ススキの奥(下)が今日作業した田んぼです。(小さくて見にくいですが・・)


が、まだ来週の脱穀が残っています。
最後まで何が起こるかわかりません(苦笑)
気を抜かずに、でも何が起こっても楽しんで収穫を迎えたいと思います。

今年の新米は格別おいしいだろうな~^^
早く食べたい!!

IMG_20111017_131420.jpg
■いたるところにかまきりの卵がありました。今年の雪の深さを予知できると言われているそうです。
 ここに200~300個の卵が入っているとか。。全部孵化したら・・@@


IMG_20111017_131406.jpg
■かまきり、こおろぎなど虫が沢山いるので、田んぼに来てくれた子供たちは大喜びでした。
 実は私は虫が大の苦手でしたが、田畑をやるようになって虫を歓迎するようになりました。
 (ゲンキンな奴です。)
スポンサーサイト
2011.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiromi0707.blog42.fc2.com/tb.php/119-a9f5aa7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。