上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2/6,7に「かとうさんちの援農日」を行いました。
私はトランジション都留のメンバとして参加です。
今回は「保存食作り」で味噌作りとミズカケ菜の漬物作りでした。

私はお味噌作りが今回で2回目となります。
この地域の人は(この地域だけでははないと思いますが)
味噌は家で作るのが当たり前だそうで
初めて聞いたときはとても驚きましたが
やってみると思ったよりも簡単でこれまた驚きでした。

今年は私の分として20Kg!
もちろん我が家だけでは消費しきれませんが
今年は実家にも持って行きたいし、人にもあげたし。
なんて考えていたらこんなに沢山になってしまいました。

それにしても大豆、麹、塩。
これだけで味噌を作るなんて考え出した先人の知恵に敬服です。
作っていてもこれが味噌に本当になるの??という感じの
わかくて初々しい味噌が半年、一年、二年と熟成が進み
そのタイミングごとに味わいが変わっていきます。
これは手作りならではの楽しみではないでしょうか。

現代はいかに効率よく早いことがよしとされています。
私も東京に住んでいるときは、
3度の食事すらも作る時間と手間を考えたら
買ったほうがいい、食べに行ったほうが早い。
そんな生活を送っていました。
これまた、ちょっと極端ですが。。
もちろん、早くて便利になったことはたくさんあります。

でも、お味噌は半年以上ねかせる。
種をまいたら時期がこなくては芽が出ない。
こんな毎日に身をおいていて
本当に早いことがいいことなのか。
そうでない価値観も大事にしたいと思うようになりました。


人間も同様です。
つい他の人と比べてしまうけれど
その人にとって必要な時間というものがあるのではないか。

私ももっと早くから自然の中に身をおいたり
野菜を作ったり、お米を作ったりできていたらよかったのにと
思うことがあります。
でも、私のこれまでの人生があったからこそ
今、私にとって本当に大切なものと向き合って
生きていく選択ができるようになったのだと思っています。


ちなみにふたが閉められないほど樽いっぱいだった
ミズカケ菜はあっという間に体積が1/5くらいになりました。

100211mizukakena.jpg

ところで、ミズカケ菜って食べたことありますか?
私は不勉強で今回初めて知りました。
もちろん、いただくのも初めてで
炒めたり、お漬物でいただいていますが
歯ごたえがよくて、すごく美味しいのです!!

みなさんも、ぜひ食べてみてくださいね。

援農日の様子は、トランジション都留のブログにもあります。
こちらもご覧ください。


かとうさんちの援農日は毎月第一土日にやっています。
詳しくはこちらをご覧ください。
スポンサーサイト
2010.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiromi0707.blog42.fc2.com/tb.php/28-929eb200

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。