上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
トランジションメンバが急遽新しく田んぼと畑を始めることにしました。
これまた耕作放棄地なので、開墾が必要です!
ということで、今日は仲間3人で作業をすることにしました。

いったい、私たちは
去年からどれだけの耕作放棄地を開墾していることでしょう?

まずは田んぼです!約7畝あります。

0517_ta_kaikonmae.jpg
■開墾前の田んぼ

耕作放棄地といっても、毎年草刈だけはされていたようで
ぎりぎりトラクターを入れられそうです。
仲間の一人がトラクターで田んぼを起こしていきます。
もう一人が大きなゴミなどをどけていきます。

そして私はマイ草刈機を投入!
畦になる部分の草を刈っていきます。

100517_ta_kusakari.jpg
■トラクターと草刈

ひととおりトラクターがかかり、畦の草も刈り終わったところで
畦を上げる部分にもう一度トラクターを入れて土をほぐし
その土で畦を作っていきます。

以前は鍬がうまく使えず土が全く動かなかったのですが
だんだん土が動くようになり、畦を作るのも早くなりました。
体が鍬の使い方を覚えてきた感じです。

畦を上げながら、水を入れていきます。
畦上げが完了したところでランチタイムです。
その後打合せなどが入り3時過ぎから再開。

100517_ta_kaikongo.jpg
■開墾した田んぼに水を入れる


田んぼは水は入れっぱなしにしていったのですが
3時間以上たってもほとんどたまりません。
仕方がないので水はそのまま入れたままにして
もうひとつの畑を開拓にとりかかることにしました。

100517_hatake_kaikonmae.jpg
■開墾前の畑

こちらも同じくらいの広さ。
同じようにトラクターとまわりの草刈です。

100517_hatake_kaikon.jpg
■畑を開墾

私は仕事があり17時で早退。
その後、他の二人ががんばってくれてすっかり畑も復活したようです!

100517hatake_kaikongo.jpg

■開墾後の畑。すっかりきれいになりました。

明日は東京から他の田んぼをやっている仲間たちが来てくれるので
みんなで畦塗りです。


夜、田んぼと畑の主から
「協力してもらうことのありがたさが、身にしみました・・。」
というメールが来ました。

私もいつも仲間に助けられて、何とかやっています。
人間は一人では生きていけない。とよくいいますが
特に田舎暮らしではその言葉を実感する毎日です。
この友人にも私はいつも助けられているばかりなので
今日は少しだけでも恩返しができたかもしれないと
ちょっとうれしくなりました。



毎日、田んぼや畑で思い切り日に当たり、体を動かす生活で
すっかり早寝、早起きになりました。
夜、帰宅して食事をすませるともう起きていられないのです。
夜中の3時4時に寝て、朝は全く起きられなかった私が、
こんな生活をするようになるなんて自分でも驚きですが
早朝の爽やかさ空気のなかで
最高に心地の良い一日の始まりを向かえる毎日です。

スポンサーサイト
2010.05.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiromi0707.blog42.fc2.com/tb.php/52-8d893f78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。