上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、このブログでもご案内させていただいた
【名もない救援隊 途中報告会】が開催されました。

私たち都留メンバーは東京赤坂での途中報告会に参加してきました。
物資受入のときに連日ボランティで駆けつけてしてくれた
大学生たちや実際に現地に物資を運んだメンバーたちです。

都留は桜はこれからなのですが、
東京は満開で車窓から桜が見えるたびに大歓声があがります。
こういうときでも桜は昨年と同じように美しく咲いて
我々の心にやすらぎを与えてくれるのですね。
自然は時として人間にとって厳しくもあり、
また優しくもある存在であることを改めて感じます。

そうこうするうちに赤坂の会場に到着。
会場は超満員。約90名の方が集まってくださいました。
第一部は、
名もない救援隊の物資収集の様子、
被災地での活動の内容、
被災地でみたこと感じたこと
写真を見ながらの報告がありました。

第二部は、
報告を聞いてこれからの支援についてみんなで考えました。
自分たちが実際にどこで支援をしたいか
「自宅で」「被災地で」「それ以外」の3グループに別れ
それぞれの場所で何ができるだろう。とディスカッションをしました。
会場の関係でとても短い時間となってしまいましたが
短時間とは思えないほど、みなさんからとても具体的で
いろいろなアイデアがでて、
参加者の方たちの支援したいという想いの熱さをあらためて感じました。

P4090008.jpg

P4090009.jpg

復興への道は長期戦になります。
そしてこの復興はただ元に戻ることではないと思います。

田坂広志さんの講演にあります。
「いつの日か必ず語り合いましょう。
あの時、この日本という国のすばらしい再生がはじまった。ということを」

すばらしい再生に向かって
一人ひとりがこの震災の教訓を風化することなく、
行動し続けることが大切だと思っています。
スポンサーサイト
2011.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hiromi0707.blog42.fc2.com/tb.php/71-8f8f6eed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。