FC2ブログ
3/6は加藤さんちの援農日でした。
私も共催のトランジション都留メンバとして
参加させていただきました。

都留に来てから毎日初めてづくしの毎日ですが
この日も池作り、にわとりをしめていただくという
初めてづくしの一日でした。

池づくりをしながら、かとうさんが
「今日は、にわとりを絞めてみんなでいただこう!」
と、言われた時
真っ先に、私はそんなの見てその鶏の肉を食べられるのだろうか??
と思ってました。

でも実際、鶏をしめるのを見ているとき
自分でも意外な反応が起こりました。
まずは、さばいている最中に
ある瞬間から自分の中で見ている対象が
「にわとり」だったのが
「肉」として切り替わりが起こったこと。
そして、さばき終ってきちんとありがたくいただかないと
却って申し訳ないような気がしてきたのです。

見る前は「見るのが恐い」ことだったのに
そもそもそんなふうにさばかれている肉を
私はいったい今までどれだけ平気な顔して食べていたのだろう。

「持続可能」、「循環」
トランジション活動でもよく出てくるキーワードです。
でも、実は表面的にとらえてた自分がいたんではないか?
生や死やきれいだけではすまないところも全部含めた上で
成り立っていることを見ていたか?
そんなことをいろいろと思い知らされながら・・
たくさん運動してしかも若いおすの肉は最高においしく
みんなでわいわいといただきました。

かとうさん、にわとりさん
ありがとう。ごちそうさま。
2010.03.10 / Top↑
1/31初めて餅つきを体験しました!

もちをふかす1

まずはもち米をふかします。


もちごめアップ

めちゃめちゃ熱いですが、この時点ですでにおいしいです(笑)

杵と臼

この杵と臼を使用しました。
結構、重いですが子どもたちも元気に餅つきしていました。
ここで丹念につくとなめらかでおいしいお餅になります。

小さい頃、餅つき機が自宅にあったので機械でついたお持ちをいただいたことはありましたが
人がついたお餅は初めていただきました。
もちろん、餅つき自体もはじめて。
つきたてのお餅はもちろんのこと、ついたお餅は本当においしいです!!
くせになってしまいそうです。

来年は、もち米もやりたくなりました!!



お腹も満たされたところで1/25に行った鳥小屋作りの続きです。
今回は屋根にナミイタをつけて、ドアを作りました。
どんどん、形になっていくのがおもしろいです。

鳥小屋屋根とドア


今はひよこが三匹ですが、三匹じゃちょっと寂しいよね~。
なんて、ひよこ倍増計画が密かに持ち上がったりしています。
このお宅での家族会議が必要そうですが・・。

でも、にわとりが増えたら草取りの効率も上がるし、卵も増えそう~♪
なんて、無責任に思ったりしています。
2010.02.01 / Top↑
1/30よしこさんのお料理教室を開催しました。

よしこさんのお料理をいただくのは昨年6月末以来半年ぶりです。
本来は秋には開催したかったのですが
スタッフやよしこさんとの日程が合わず年を越しての開催となってしまいました。

お料理教室としては昨年3月に開催し、今回2回目となりました。

なんと、アケミさんが今回も駆けつけてくださいました。
今回の主役の野菜たちはアケミさんが作ってくださいました。
私も今は農作物を作っているので、大先輩に再会できて大感激です。

前回の料理教室でアケミさんが、野菜をまるでわが子のように大切に扱っていたのが
とても心に残っていました。
今までだったら簡単に捨ててしまったような小さな芽も
「ここまでいただけるのよ」
と丁寧に摘んでいたり。
「葉物を洗うときは、水をためて静かにひたしていれば
ドロは沈んでいくのよ。そしたら無駄な水も使わなくていいでしょ。」
数々のコトバのひとつひとつがとても深いのです。

よしこさんも人参はこういう料理と決め付けないで
この人参にはこんな料理が一番おいしくいただけそう。
と、食材と会話して料理を決めていかれるそうです。

よしこさんのお料理教室は、ただおいしいものの作り方を教えていただき食べるというだけでなく
野菜や食に対する、よしこさんやアケミさんの心も一緒にお伝えでき
参加者のみなさんと共有できる他にはないお料理教室だと思います。

私のお野菜たちもいつかよしこさんのお料理の食材として
使っていただける日が来るように
がんばっていきたいと思います。


よしこさんのお料理教室スタッフ

よしこさんのお料理教室のスタッフメンバです。


参照:1/30よしこさんのお料理教室開催 こちら
2010.02.01 / Top↑
いよいよ、まんなかカフェがオープンしました。

料理家あや先生
まんなかデザイナーみー

ふたりとも料理の達人です。
体にやさしく、しかもおいしいお料理はいつも絶品。

他にもTTT(トランジション都留)のメンバには
酵母から自分で作ってパンを焼いたり、ケーキを焼いたり
そんな素敵なメンバがいます。

一方、私は東京にいるとき、半年間包丁なしですごしたくらい
料理しない人間でした。
別に作らなくても簡単に何でも買えるし、食べに行けばいい。
こんな私が今野菜を作っているのだから、皆が驚くのも無理はないことですね。

でも、ひと手間かけて作ることが
面倒くさいことかもしれないけど、
実はとても創造力が発揮できるとても豊かで楽しいことだと
気がつき始めました。

今度はこれを入れたら、どんな味になるのだろう?
この味は何で出しているのだろう?

食事だけではないですよね。
買ってすまれば簡単かもしれないけど
自分で作ってみたらどうだろう?


たべものひとつ、着るものひとつ、
ただなんとなく食べる、着るではなく
もっと感覚を働かせて楽しめそうです。

そしたら、もののありがたみをもっと感じることが
できるかもしれませんね。
毎日を大切に生きること。
一瞬一瞬を大切に生きることの積み重ねのような気がします。


すてきな先生たちに囲まれて少しずつ
お料理の腕を磨いていきたいと思っています。

次回のまんなかカフェのオープン日は4/17(土)です。
春を感じる食事が今から待ち遠しいです。


トランジション都留の関連記事はこちら
2010.01.19 / Top↑
先日、ご案内させていただきましたが
1/16(土)にまんなかカフェがオープンします。
詳細はこちら

本日はこのカフェの試食会を実施しました。

今朝の都留は大変寒く、
私の自宅の台所の水道は凍結して水が出なくなってしまったほど。
一昨日に降った雪で銀世界のままです。

メンバ宅に集合して、レシピにそってお料理を作りましたが
火を使っているにも関わらず、最後まで吐く息が白い!!
(もちろん部屋の中です!)
寒い一日でした。

そんな寒さの中、ちゃくちゃくとお料理が作られていきます。

そして、できあがったお料理一品一品を大切に写真を撮っていきます。
撮影


そして、いよいよ待ちに待った試食!!
おなかもぺこぺこです。
準備



今日の試食ランチはこちら。
試食



あんなに寒くて震えながらお料理をしていましたが
不思議なことに食べていると体が芯からぽかぽかしてきて
氷のように冷たかった足先にも血がめぐってきました。
からだが温まるしょうがやお野菜などの食材を使った料理の威力に
改めて感動!!
おいしくて体に優しい料理をいただいていると
こころまでやさしくなっていく気がします。


体にやさしく、しかもすごくおいしくてきれい!
当日、みなさまをお迎えするのがますます楽しみになってきました。
2010.01.14 / Top↑